ただし、これから少しずつ貯めていこうと考えているのなら、やはり保険に加入する方が安心です

万が一、貯蓄額が必要額に到達する前に死亡してしまうと、遺された家族が困ってしまうからです。保険であれば、契約期間内での死亡に際して、その死亡の時期の早い遅いに関わらず一定の金額が支払われることになりますが、貯蓄ですと、死亡時までに貯めたお金しか残りません。人によって事情は異なりますから、自分の事情に合わせて、保険と貯蓄をうまく使い分けることが大切です。 また、その人のライフステージによっても、保険で保障すべき金額は異なってくるのが普通ですから、今、自分が死んだら困るのは誰なのかを具体的に考えてみる必要があります。もし、独身であるならば、介護が必要な親がいるなどのケースでない限り、親のために高額の死亡保障を残す必要はあまりないと思います。親は年金も受給するでしょうし、働き盛りの頃に比べれば、支出もグッと少なくなっているはずです。一方、結婚して妻も子供もいるというのであれば、一家の生計の担い手に万が一のことが起これば、妻や子供が非常に困るであろうことは火を見るより明らかです。この時期には、特に厚い保障を用意すべきと言えます。

none